W診療案内

HOME > 診療案内

診療時間

診療時間 日・祝
午前
8:30-12:00
診察日 診察日 診察日 休診 診察日 診察日 休診
午後
14:00-18:00
診察日 診察日 診察日 休診 診察日 休診 休診
  • 木曜・土曜(午後)・日曜・祝日は休診です。
  • WEBでご予約が可能です。どうぞご利用ください。
このページのTOPへ

診療内容

中耳炎・めまい・花粉症・その他耳鼻咽喉科診療全般に対応いたします。

  • 急性中耳炎
    中耳に細菌やウイルスが入り、急性の炎症が起きて膿が溜まる病気です。
    中耳には鼻の奥に通じる耳管という管があり、鼻の細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入ると炎症を起こします。 お子様の場合強い痛みや高熱を出すことがあるのでそのような場合冷却シートやビニール袋に入れた氷などで冷却してください。 急性中耳炎はきちんと抗生剤を内服すれば治りますが、途中で内服を中止してしまうと反復性中耳炎や滲出性中耳炎に移行してしまうことがありますのでしっかりと治療することが大切です。

  • 滲出性中耳炎
    鼓膜の奥の中耳腔という部屋に滲出液という液が溜まる病気です。
    急性中耳炎と違って痛みや高熱は伴わないのですが、難聴を引き起こしたり、治癒に時間のかかることがあります。 放置すると癒着性中耳炎や真珠腫性中耳炎に移行する可能性があるため根気強く治療することが大切です。

  • めまい
    めまいを引き起こす病気は大変種類が多く、内耳や脳の病気が疑われる場合、緊急を要することもあります。 めまいの検査として重心動揺計を用いて中枢性なのか、末梢性なのか診断し、必要があれば病院に紹介します。

  • 花粉症
    昭和30年頃に発見された比較的新しい病気ですが、患者数は年々増加の一途をたどっています。 春はスギ、ヒノキ、秋はブタクサ、ヨモギなどが代表的なアレルギーを引き起こす花粉だと言われています。
    アレルギーは体質なので治す、という言葉はうまく当てはまらないかもしれませんが、近年は様々なタイプのお薬が研究されているのでご自身にあったお薬の内服や、 ネブライザー(お薬の吸入)、花粉が飛んでいる時期はマスクやゴーグルの着用などストレスの少ない規則的な生活を送ることも重要です。

  • 鼻血
    鼻血は左右の鼻を分けている仕切り(鼻中隔)の粘膜から出ることが多く鼻から1cm位のところをキーゼルバッハ部位と呼び、この部位からの出血の場合、たいていは圧迫止血で止まります。
    しかし中にはじわじわと続く鼻出血や歯茎からも出血してる場合は血液の病気が隠されていることもあるので詳しい検査が必要です。

  • 唾液腺疾患
    唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺の唾液腺から分泌されています。 唾液腺の病気で有名なものは流行性耳下腺炎、いわゆるおたふくかぜです。 このほか急性化膿性耳下腺炎や唾石症、慢性耳下腺炎など部位によっては口を開けにくくなったり、飲み込みや言葉に障害が現れることがあります。

  • インフルエンザ
    6か月〜13歳未満 3,800円(1回)×2回
    大人       3,800円(1回)

  • 各種予防接種
    肺炎球菌ワクチンの助成券をお持ちの方は3,000円で接種可能です。
このページのTOPへ

問診票

問診票は、来院時にご記入いただくこともできますが、可能な方はA4用紙にプリントアウトしご記入の上お持ちいただいても結構です。 ご記入の際、不明な点がございましたら空欄のままお持ち下さい。

あらかじめ問診票をご記入の上来院して頂きますと待ち時間が少なくなりますので、ぜひご利用下さい。

問診票(新患用・当院を初めて受診される方) 問診票(再診用・受診がお久しぶりの方)

(個人情報の取り扱いについて)
この問診票は当院が責任をもって管理し、治療目的以外に利用することは一切ありません。

このページのTOPへ

耳鼻咽喉科
青木耳鼻咽喉科医院

〒239-0831
神奈川県横須賀市久里浜5丁目11-20
TEL.046-835-0362
http://aokijibi.com

院長:青木 大輔

中耳炎・難聴・めまい・花粉症・扁桃炎・副鼻腔炎等、お気軽にご相談ください。